越境連載「イラスト名建築ぶらり旅」08:変わらず変わり続ける銀座のアイコン──三愛ドリームセンター

Pocket

 東京・銀座のイメージといえば、多くの人が思い浮かべるのは「銀座4丁目交差点」ではないか。銀座通りと晴海通りが交差する場所だ。そして、この交差点の“顔”として頭に刷り込まれているのが「和光本館」と「三愛ドリームセンター」だろう。この2つの建物、デザインは全く違うのに、銀座に人々を迎え入れる“ゲート”のように見えてしまうのは私だけだろうか。

(イラスト:宮沢洋)


  続きはこちら