建築の愛し方02:収納性抜群の折り紙建築は“大人の趣味”に最適!─五十嵐暁浩氏(後編)

建築を楽しむ方法は無限にある。本シリーズ「建築の愛し方」では、「そんな方法があったのか!」「まさかそこまで!」と私(宮沢)が強く惹かれた建築LOVERたちを取り上げていく。今回は、建設会社設計部に勤務する傍ら、趣味の「折り紙建築」で驚異的な作品を発表している五十嵐暁浩氏(新潟市在住)の後編。折り紙建築との出会いや奥深さについて聞いた。

──折り紙建築との出会いは?

 折り紙建築は東京工業大学の茶谷正洋先生(1934~2008年)が考案されたもので、出版当初からその存在は知っていました。自分でもやるようになったのは、13年ほど前です。子どもが小学生のとき、夏休みの自由課題のために、地元で行われた折り紙建築のワークショップに参加し、私もついていきました。そのときの講師が、茶谷さんの弟子である木原隆明さん(1951年生まれ)でした。私の師匠です。

 子どもはすぐに飽きてしまったのですが、私はその面白さにはまり、木原さんに教えを請うようになりました。木原さんも新潟市にお住まいなんです。

初期の作品「みどりちゃんち」(制作・写真:五十嵐暁浩)

──最初からCADで作図を?

 最初は方眼紙を使っていましたが、ケント紙に転写する作業が面倒くさいんです。CADで描いてプリントしたほうが早いと思い、割と初期のころからCADで作業しています。

──13年間でいくつくらいの作品をつくったのですか?

 建築だと200作くらいですかね。建築以外もつくっていて、ポストカードの本も出しました。

 折り紙建築が趣味に向いていると思うのは、作品が折りたためるので、場所を取らないことです。私はこんな感じで収納しています。

収納ケースに作品を補完した状態・収納ケースは100円均一ショップで購入したもの(写真:五十嵐暁浩)
収納ケースから作品を出すと、こんなに。30作品ほどが1つのケースに入る(制作・写真:五十嵐暁浩)

──なるほど! 模型で部屋がいっぱいになって、家族に怒られることがありませんね。折り紙建築にこれほどはまった理由を自己分析すると?

 実際の設計の仕事では実現しにくい大胆な造形にチャレンジできるというのはありますね(笑)。

 それと、ある程度できるようになってくると、誰もやったことがない表現にチャレンジしようという意欲が沸いてきます。建築をやっている人間はたいてい天邪鬼(あまのじゃく)ですから、真似ばかりでは嫌なんです。

国立競技場(制作・写真:五十嵐暁浩)

 折り紙建築を考案された茶谷先生は本当にすごい人で、基本的な原理のほとんどは茶谷先生が発見されて、本にまとめられています。その隙間にあるものを発見していくのが後続の役目で、弟子の木原さんは「180度タイプ」というものを開発されました。例えば、こういうものです。

木原隆明氏が制作した180度タイプの傑作「シドニーオペラハウス」(制作・写真:木原隆明)

──これも、1枚の紙からできているんですか? “飛び出す絵本”のように、別の紙をくっつけているのかと思っていました。

五十嵐氏が制作した180度タイプ「斜めの家」(設計:渡邊洋治)(制作・写真:五十嵐暁浩)

 いえ、1枚の紙を切っておこしたものです。“飛び出す絵本”のように、たくさんの紙を使って多彩な形を表現するのも素晴らしい世界だとは思いますが、あれは折り紙建築とは全く別分野だと思っています。折り紙建築は、「1枚の紙でできる」ことにこだわっていて、そこが面白さなんです。

──自分でヤマトインターナショナルをつくったときも、ここにちょっと紙を足せれば…と思いました。でも、それを簡略化して表現していくのが面白いですよね。

 そうなんです。建築も似ていますが、制約があるから面白いんです。

──創設者の茶谷さん、180度タイプを考案した木原さんときて、孫弟子にあたる五十嵐さんが「3つ折りタイプ」を発見したんですね。

 自分なりのオリジナリティーを出したいと思っていたので、1つの手法を示すことはできたかなと思います。

3つ折りタイプの「損保ジャパン日本興亜本社ビル(旧安田火災海上本社ビル)」(制作・写真:五十嵐暁浩)
その仕組みを説明した動画(制作:五十嵐暁浩)

──「五十嵐式」とか、名前をつけたらどうですか。

 いやいや。折り紙建築が世界的に有名になったのは、茶谷先生の「ORIGAMIC ARCHITECTURE(オリガミック・アーキテクチャー)」というネーミングが良かったと思うんです。フランク・ロイド・ライトの「ORGANIC ARCHITECTURE」のもじりで、粋ですよね。そんないいネーミングがあれば名前をつけたいですが、今のところは「3つ折りタイプ」で(笑)。

──さらなる新手法を発見して、再び世界に折り紙建築を発信してください。

 うーん、どうなんでしょう。頑張ってはみますが、結果は「紙のみぞ知る」ですね。

──うまい! 今日はありがとうございました。

五十嵐暁浩氏。1962年新潟県生まれ。一級建築士。著書に『3Dグリーティングカード (レディブティックシリーズno.4670)』(2018年、ブティック社)
(イラスト:宮沢洋)

前回の記事:建築の愛し方01:世界初?「3つ折りタイプ」で折り紙建築に新風─五十嵐暁浩氏

※ドコモモのFacebookギャラリーはこちら→「The Gallery of MOMO Origamic Architecture」。


日曜コラム洋々亭10:初の「バーチャル建築巡礼」に見る「オンライン建築ツアー」の夜明け

 7月11日(土)の午前11時半から午後1時過ぎまで、「バーチャル建築巡礼」の初回となる「南紀白浜巡り」がZoom上で開催された。ナビゲーターは我がOffice Bungaのパートナーである磯達雄と、建築史家で大阪市立大学准教授の倉方俊輔氏。本来は参加費2800円だが、元祖・建築巡礼の片割れとしてご招待いただき、無料で視聴させていただいた。タイトルは「日曜コラム」だが、せっかく書いたので、お礼も込めて1日早く公開する。

ツアー中のキャプチャー。中央の写真はホテル川久の外観。右上は倉方俊輔氏
(さらに…)

速報!注目増築・第2弾、「SOMPO美術館」は今後の範となる容積緩和別棟型

 2020年の“注目超高層増築”2件のうちの1つ、「SOMPO美術館」(損保ジャパン日本興亜本社ビルの増築)がいよいよ7月10日(金)にオープンする。前日の7月9日(木)に行われた内覧会で、大成建設の設計担当者に話を聞いた。

(写真:特記以外は宮沢洋)
(さらに…)

建築の愛し方01:世界初?「3つ折りタイプ」で折り紙建築に新風─五十嵐暁浩氏

建築を楽しむことは、建築を学んでいなくてもできる。建築を学んだ人も、学校では教わらない方法で楽しむことができる。要は、建築を楽しむ方法は無限にある。私(宮沢)はそう思っている。今回から始まる「建築の愛し方」では、「なるほど、そんな方法があったのか!」「まさかそこまで!」と私が強く惹かれた建築LOVERたちを取り上げ、ここでしか読めない話を聞く。第1回は、建設会社設計部に勤務する傍ら、趣味の「折り紙建築」で驚異的な作品を発表している五十嵐暁浩氏(新潟市在住)に、オンラインで話を聞いた。

東海大学湘南キャンパス1号館の折り紙写真(制作・写真:五十嵐暁浩)
(さらに…)

日曜コラム洋々亭09:世田谷美術館「作品のない」企画展、ベテラン学芸員から若手へのバトン

 開幕前から美術関係者の間で話題を呼んでいた世田谷美術館の「作品のない展示室」が昨日、7月4日(土)から始まった。早速、初日の朝に行き、企画者である橋本善八(よしや)副館長兼学芸部長に案内してもらった。

(写真:宮沢洋、以下も)
(さらに…)

平田晃久氏の設計では7つ目、「ナインアワーズ半蔵門」が7月1日にオープン

 平田晃久建築設計事務所が基本設計を手掛けたカプセルホテル「ナインアワーズ半蔵門」が7月1日にオープンした。「ナインアワーズ」としては15店舗目、平田氏の設計では7店舗目となる。

(写真:長井美暁、以下も)

 平田氏は2018年開業の「ナインアワーズ大手町(旧・竹橋)」を皮切りに、これまでに赤坂、浅草、新大阪、水道橋、浜松町で同ホテルの設計を手掛けてきた。いずれも都市に対して開かれたデザインで、立地の特徴を建物の内外に取り込み、宿泊客がホテルの立つ場所や周辺環境を感じられるようにしている。

街路樹が立体化したようなファサードで、都市と呼応する

(さらに…)

突如の閉館乗り越え本日スタートの伊東豊雄展、まさに「公共建築はみんなの家」

 まさに「公共建築はみんなの家」というタイトルを象徴する適応力。7月1日、伊東豊雄氏設計の「座・高円寺」(杉並区立杉並芸術会館)で伊東豊雄建築設計事務所主宰の展覧会「公共建築はみんなの家」が始まった。

(写真:宮沢洋、以下も)
(さらに…)

速報!初の超高層本格増築「三角広場」お披露目、ビフォー・アフターを写真で比較

 住友不動産は6月30日午後、「新宿住友ビル」(東京都新宿区西新宿2-6-1)の足元に増築した「三角広場」の完成内覧会を開催した。その様子を、工事前の写真を交えてリポートする。

内覧会の日は雨天だったので、最初の写真は6月上旬に撮ったこのカットを…(写真:宮沢洋、以下の工事後の写真すべて)
(さらに…)

日曜コラム洋々亭08:祝!酒井一光本2冊同時発刊、本当のゴールは「売れること」

 金曜日(2020年6月26日)、この2冊がOffice Bungaに届いた。

 『発掘 the OSAKA』と『タイル建築探訪』。なんというワクワクする装丁! これは2冊セットで欲しくなる。世に「クラウドファンディング」というものが生まれていなかったら、一方は実現しなかったかもしれないのだ。

(さらに…)

建築名所百景02:湯布院・竹田(長湯温泉)──「隈VS坂」で赤丸急上昇の建築保養天国

 各都市の名建築を宮沢のイラストとともに紹介し、そのイラストと参考情報を、グーグルマップにピン止めしていく。前回の大分・別府からもう1~2泊して、湯布院と竹田(長湯温泉)を巡ろう。

駅前に並ぶ“プリツカー師弟”の建築

 まずは温泉保養地として有名な湯布院。湯布院といえば、磯崎新氏が設計した「由布院駅」。これはシンプルだけど、本当にいい造形。磯崎氏の建築は、浮世絵映えする。連載2回にして磯崎建築を3枚描いてしまった。

(イラスト:宮沢洋、以下も同じ)
(さらに…)

これもニューノーマル? YKK APの非売品「レスタッチ」は侮れない!

 ある取材でYKK APを訪れ、帰りにこれをもらった。

(写真:宮沢洋、以下も同じ)

 非接触ドアオープナー「レスタッチ」。現在のところ、非売品だ。6月19日から始まった新商品WEB展示会のアンケート(こちら)に答えるともらえる。10月16日まで「毎週200名様」とあるので、かなりの確率でもらえると思う。

(さらに…)

世界のウィズ・コロナ/アフター・コロナ@シンガポール03:管理不足で野生化する都市に“本来の自然”を見る

シンガポールにおける「コロナ」以降の建築実務の変化を、同国在住20年の葛西玲子氏にリポートしてもらう3回目。最終回となる今回は、シンガポールの「都市」の今後を、身近な経験をもとに展望してもらった。(ここまでBUNGA NET)

次回のベネチア建築ビエンナーレ・シンガポールパビリオン展示プロポザール(資料:Salad Dressing)
(さらに…)

日曜コラム洋々亭07:今日の「情熱大陸」は藤森照信氏!その前に知ってほしい“キワ”のすごさ

 本日6月21日(日)午後11時より、TBSの人気番組「情熱大陸」にて、「藤森照信/まるでジブリの世界!?自然と調和し共存する、独創的な建築」が放送される。「ようやく来たか!」という感じである。

ラコリーナ近江八幡の「草屋根」(写真:長井美暁)
(さらに…)

【速報!】池袋建築巡礼03:学会賞建築家によるこだわりホテル、「hotel Siro」が面白い

 このホテル、我がOffice Bungaの事務所から徒歩2分ほどのところにあり、建設中からずっと気になっていた。設計者は2020年の日本建築学会賞作品賞を受賞した原田真宏、原田麻魚両氏。2人が共同主宰するMOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIOによる「hotel Siro」の内覧会が、6月20日(土)13時~17時に行われた(正確には、まだ行われている)。

(写真:宮沢洋もしくは磯達雄、以下も同じ)
(さらに…)

東京・立川の複合文化施設「PLAY!」、MUSEUMに続いてPARKも本日オープン

 東京・立川北口の新しい複合施設「GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)」内に、絵と言葉をテーマにした美術館「PLAY! MUSEUM(プレイミュージアム)」が6月10日にオープン。もうひとつの核となる親子の遊び場「PLAY! PARK(プレイパーク)」も本日6月19日にオープンした。いずれも手塚建築研究所が内装設計を手掛けている。

(写真:長井美暁、以下も)
(さらに…)

世界のウィズ・コロナ/アフター・コロナ@シンガポール02:オンライン化で縮まる距離、多国籍化がますます加速?

シンガポールにおける「コロナ」以降の建築実務の変化を、同国在住20年の葛西玲子氏に寄稿してもらった。第2回のテーマは「在宅勤務(テレワーク)」。同国の最新の調査では、国民の90%が「在宅勤務を続けたい」とする結果が出た。(ここまでBUNGA NET)

コロナ渦のなか、発表された“Founder’s memorial”デザインプロポーザルの当選案。隈研吾チームの提案が選ばれた。葛西氏が所属するLPAも参加している(資料:Kengo Kuma & Associates and K2LD Architects)

 初回はコロナ感染が引き金となってシンガポールが現在直面している社会構造を揺るがす深刻な状況に触れた(「出稼ぎ現場作業員の大量感染で明るみに出た“二重構造”」 )。今回は、現在も続く在宅勤務を通じた身近な体験を共有させていただきたい。

(さらに…)

世界のウィズ・コロナ/アフター・コロナ@シンガポール01:出稼ぎ現場作業員の大量感染で明るみに出た“二重構造”

シンガポールで建築実務に20年携わる葛西玲子氏に、同国の「ウィズ・コロナ/アフター・コロナ」について寄稿してもらった。3回にわたり掲載する。まずは、出稼ぎ建設現場作業員をめぐる問題から。(ここまでBUNGA NET)

 6月5日時点で、3万7000人を超える感染者のうち90%が出稼ぎ労働者という圧倒的な数字だ。「いったいわが国で今後、毎年2500人(年間出生数の8%にあたる人数)を、建設現場作業員として育てることは現実的か?」とチャン貿易産業相が問いかける。

通常は観光客でにぎわうセントラルビジネス街。全く人影がないのに明るい(写真: Angkana)
(さらに…)

日曜コラム洋々亭06:あり得ない「タコ滑り台」も説明なしで世界に伝わる(作品25~30)

 最後のテーマは「Monument(モニュメント)」。「エスカレーター」「屋根」と描きやすい建築ネタを続けてしまったので、頭を鍛えるためにもう一度、都市ネタにチャレンジ。

テーマ5:Monument(モニュメント)

Monument01(イラスト:宮沢洋)

 モニュメントということで最初に思い浮かんだ「マーライオン」(シンガポール)と「〇〇小僧」を組み合わせてみた。どちらも遠くに水を放つ。ならば、同じ大きさに巨大化して、向き合わせてみては、というアイデア。ちなみにマーライオンも実際はこんなに大きくはない。

(さらに…)

日曜コラム洋々亭05:あり得ないと言いつつも「あったらいいな」と思う建築たち(作品13~24)

 前の記事ではテーマ2までの12作品を紹介した。3つ目のテーマ「Escalator」に入る。テーマ2の「信号機」が自分には難し過ぎたと反省し、少し建築寄りに振った。

テーマ3:Escalator(エスカレーター)

 

Escalator01(イラスト:宮沢洋)

 誰もがどこかで目にしたことがあるであろう「無限回廊」(ペンローズの階段)をエスカレーターにしてみた。描いてみて分かったのだが、この絵ははっきりとした階段の段差にだまされるのだ。だからスロープのようなエスカレーターにしてしまうと、右側の傾斜がだましにくい! でも、まあ、名画がモチーフなので、絵としてはいい(笑)。

(さらに…)

本日プレオープン、シードル・ゴールド屋根の「弘前れんが倉庫美術館」

 「弘前れんが倉庫美術館」が本日6月1日、事前予約制でプレオープンする。当初は4月11日に開館予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大により開館を延期していた。

弘前れんが倉庫美術館。左の低い建物はカフェ・ショップ棟(写真:長井美暁、以下同じ)

 予約可能なのは、6月15日までは弘前市民のみ。17日以降は対象を青森県民に広げるが、県民以外はまだしばらく待たなくてはならない。ただ、この制限は現時点のもので、同館は「今後の状況を踏まえ、対象を拡大する場合がございます。決定次第、当館ウェブサイト等でご案内いたします」としている。

 開館を心待ちにしていた人も多いだろう。来るグランドオープンに向けた予習として、4月初旬に現地で撮った写真をもとに、同館の様子をざっと案内する。

(さらに…)

保存版!必見ミュージアム22件総まとめ、コロナでどうなった?

 前回の記事(「京セラ美術館ついに開館」「隈研吾展は1年延期」必見ミュージアム総まとめ(前編))では、コロナ拡大防止のために中断・再開、あるいは延期公開された建築系の展覧会を整理した。後編の今回は、これから開幕予定の展覧会の現状を整理する。まずは、前編で紹介した分も含めて、タイトルと会期をリスト化してみた。

<開始日が公表されている展覧会>(終了が早い順)
◆「坂茂建築展 仮設住宅から美術館まで」@大分県立美術館 2020年5月11日~7月5日
◆「日本を超えた日本建築―Beyond Japan―」@谷口吉郎・吉生記念金沢建築館 2020年6月2日(再開)~8月30日
◆「開校100年 きたれ、バウハウスー造形教育の基礎ー」(巡回)@東京ステーションギャラリー 2020年7月17日~9月6日
◆「マル秘展 めったに見られないデザイナー達の原画」@21_21 DESIGN SIGHT 2020年6月1日(再開)~9月22日
◆「石元泰博(タイトル未定)」@東京オペラシティ アートギャラリー 2020年7月18日~9月22日
◆「建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代」@東京都庭園美術館 2020年6月1日~9月27日

◆「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」@東京都現代美術館 2020年6月9日~9月27日
◆「杉本博司 瑠璃の浄土」@京都市京セラ美術館 2020年5月26日~10月4日
◆「Under 35 Architects exhibition 2020」@うめきたシップホール 2020年10月16日~26日
◆「建築家・浦辺鎮太郎の仕事」@横浜赤レンガ倉庫 2020年11月14日~12月12日
◆「分離派建築会100年展 建築は芸術か?」@パナソニック汐留美術館 2020年10月10日~12月15日
◆開館記念春夏プログラム「Thank You Memory ―醸造から創造へ―」@弘前れんが倉庫美術館 2020年6月1日~(終了日未定)
◆「隈研吾展(仮称)」@高知県立美術館 2020年11月3日~2021年1月3日
◆「菊竹清訓 山陰と建築」@島根県立美術館 2021年1月22日~3月22日
◆「隈研吾展(仮称)」(巡回)@長崎県美術館 2021年1月22日~3月28日
◆「隈研吾展(仮称)」(巡回)@東京国立近代美術館 2021年7月~10月
◆「ヘザウィック・スタジオ展:共感する建築へ」@森美術館 2023年1月~3月

<開幕・再開時期未定>
◆「妹島和世+西沢立衛/SANAA展『環境と建築』」@TOTOギャラリー・間
◆伊東豊雄監修「公共建築はみんなの家である」(会場未定)
◆「装飾をひもとく~日本橋の建築・再発見~」@髙島屋史料館TOKYO
◆「建築家・瀧光夫の仕事―緑と建築の対話を求めて」@京都工芸繊維大学美術工芸資料館
◆「クラシックホテル展
開かれ進化する伝統とその先」@建築倉庫ミュージアム
◆「アンサンブル・スタジオ展」@TOTOギャラリー・間
◆「中川エリカ展」@TOTOギャラリー・間
◆「吉阪隆正展」@東京都現代美術館

 自分でまとめておいて何だが、なかなか有用なリストではなかろうか。ここだけ出力して、壁に貼っておいてはいかが?

続きを読む

「京セラ美術館ついに開館」「隈研吾展は1年延期」必見ミュージアム総まとめ!(前編)

 本来であれば、このゴールデンウイークは、建築好きにとって天国のような建築系展覧会ラッシュになるはずであった。それが徐々にではあるが、遅れて始まりつつある。まだ長距離移動の制限などはあるものの、どこで何の展覧会をやっているか、あるいはこれから始まるかは頭の片隅に入れておきたい。

2カ月遅れで開館した「京都市京セラ美術館」。写真は昨年11月の内覧会で撮影したもの(以下の写真も)。今は予約制なので、こんなに人はいない
(さらに…)

7人の名言07:隈研吾「すべての芸術家にはクラフトマン化する罠が待ち受けている」

 建築家の言葉を1日1人、計7人取り上げていく「7人の名言」。いよいよ最終回。このシリーズを書き始めた当初は、丹下健三で締めるつもりだったのだが、評価が定まった故人ばかりを取り上げるのは守り過ぎな気がしてきた。そこでラストは、今、飛ぶ鳥を落とす勢いの隈研吾氏を取り上げる。存命の建築家なので、「氏」をつけて呼ぶ。

(イラスト:宮沢洋)
(さらに…)

日曜コラム洋々亭03:いよいよベスト3!「令和」建築界グッドニュース

 独断で選ぶ「令和」の建築界グッドニュース、いよいよベスト3である。

3位:イケフェス大阪で「セッケイ・ロード」大盛況

 大阪の建築公開イベント「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪」、通称「イケフェス大阪」をご存じだろうか。普段は入れない建物の内部を見学でき、建物によってはオーナーや専門家に案内してもらえるという、建築好きにはたまらないイベントだ。6回目となったイケフェス大阪が2019年10月26日、27日に開催された。

日本設計に置かれたスタンプラリーのスタンプ台(写真:宮沢洋)
(さらに…)

日曜コラム洋々亭02:「令和」建築界グッドニュース・ベスト10

 うかつだった。このコロナ騒ぎで、「令和」が5月1日で1周年であったことを忘れていた。日経アーキテクチュアで書籍「検証 平成建築史」(2019年4月発刊)を出したときには、「1年後に令和の変化を検証しよう」と思っていたのに…。大メディアであれば、「周年」を逃したのは致命的だ。だが、このサイトは小所帯の下町サイト。3週間の遅れは大目に見ていただき、「令和建築界の1年を振り返る企画」をお届けしたい。

本腰を入れてコラムのロゴを描いてみました!(イラスト:宮沢洋)
(さらに…)

7人の名言06:林昌二「褒められたときはバカにされていると思いなさい」

 建築家の言葉を1日1人、計7人取り上げていく「7人の名言」。6人目は日建設計の林昌二(1928~2011年)だ。私(宮沢洋)が日経アーキテクチュア在籍時に関わった書籍や特集記事などから言葉を拾い出していく。林には、「組織の中」で、あるいは「大規模プロジェクトの設計チームの中」で、建築家として役割を果たすためのヒントを学ぼう。

(イラスト:宮沢洋)
(さらに…)

7人の名言05:黒川紀章「安藤忠雄は時代を見抜いたのではなく、彼の個性がたまたま…」

 建築家の言葉を1日1人、計7人取り上げていく「7人の名言」。私(宮沢洋)が日経アーキテクチュア在籍時に関わった書籍や特集記事などから言葉を拾い出していく。折り返し地点を過ぎた5人目は、これまでの4人とは全くキャラクターが異なる黒川紀章(1908~1997年)を取り上げる。

(イラスト:宮沢洋)
(さらに…)