分離派に注目08:イラストで見る分離派メンバー「その後」─『昭和モダン建築巡礼』より

 京都国立近代美術館で開催中の「分離派建築会100年展 建築は芸術か?」が、3月7日(日)で閉幕となる。本当に残念なことに、展覧会の会期とコロナによる自粛期間がぴたりと重なってしまった。緊急事態宣言が解除された京都・大阪の人で興味のある方は、ぜひ残る会期に足をお運びいただきたい。

 「一緒に分離派建築会の展覧会を盛り上げてもらえませんか」──。展覧会の担当者である本橋仁・同館特定研究員に声を掛けていただき、共催社である朝日新聞社の協力を得て、下記の記事を発信してきた。

(さらに…)

分離派に注目07:モデル・女優・知花くららさん──時代のうねりのなかで声を上げた人たちがいた

【取材協力:朝日新聞社】

京都国立近代美術館で2021年3月7日まで開催中の「分離派建築会100年展 建築は芸術か?」に合わせて、BUNGA NETでは3人の方にインタビューを行った。今回はモデル・女優の知花くららさんの後編をお届けする(前編は「建築展は手描き図面や模型を見るのが喜び」)。

知花くらら(ちばな・くらら):1982年生まれ。沖縄県那覇市出身。上智大学文学部教育学科卒業。2006年のミス・ユニバース世界大会で準グランプリに輝き、以降、各メディアで活躍。2013年から国連WFP(国連世界食糧計画)日本大使を務め、アフリカやアジアなど食糧難の地域の声を伝える活動を行う。2019年に初の歌集『はじまりは、恋』を出版。また同年から、大学の通信教育課程で建築を学ぶ(人物写真:栗原論 ヘアメイク:山口朋子 スタイリング:清水けい子)
(さらに…)

分離派に注目06:モデル・女優・知花くららさん──建築展は手描き図面や模型を見るのが喜び

【取材協力:朝日新聞社】

京都国立近代美術館で2021年3月7日まで開催中の「分離派建築会100年 建築は芸術か?」展に合わせて、本展をどう見るか、分離派建築会をどう捉えるか、などを3人の方に話してもらった。最後に登場いただくのは、モデル・女優であり、建築学生でもある、知花くららさんだ。

知花くらら(ちばな・くらら):1982年生まれ。沖縄県那覇市出身。上智大学文学部教育学科卒業。2006年のミス・ユニバース世界大会で準グランプリに輝き、以降、各メディアで活躍。2013年から国連WFP(国連世界食糧計画)日本大使を務め、アフリカやアジアなど食糧難の地域の声を伝える活動を行う。2019年に初の歌集『はじまりは、恋』を出版。また同年から、大学の通信教育課程で建築を学ぶ(人物写真:栗原論 ヘアメイク:山口朋子 スタイリング:清水けい子)
(さらに…)

震災から10年、陸前高田は隈・伊東・内藤・丹下で「建築観光」にも注力

 来る3月11日で東日本大震災からちょうど10年となる。復興がどれだけ進んだとか、何が課題かとかは、古巣の「日経アーキテクチュア」で大特集を組むと思うので、そちらを読んでほしい。小回りが売りの「BUNGA NET」でこの機に報じるべき情報は何か──。自信を持ってお伝えしたいのが、「りくぜんたかた建築めぐり」である。陸前高田の注目建築を巡るスタンプラリーだ。今年に入ってスタートした。

内藤廣氏が設計した「高田松原津波復興祈念公園 国営追悼・祈念施設」にて(写真:宮沢洋、以下も)
(さらに…)

第1回AND賞、最優秀賞は被災地を巡回する空気膜構造のイベントホールに


 2月27日、AND賞(アーキニアリング・デザイン・アワード)の表彰式と受賞記念講演会が開催され、最優秀賞と優秀賞を受賞した計4組に賞状と記念品が贈呈された。

表彰式にて。左から森瀬愛子、金箱温春、斎藤公男(実行委員長)、堀越英嗣(選考委員長)、新関謙⼀郎、山田憲明、三輪富成(運営委員長)の各氏(写真:磯達雄、以下も)
(さらに…)

日曜コラム洋々亭28:話題の「佐藤可士和展」、ひねり不要の構成力としたたかな空間戦略

 話題になっている「佐藤可士和展」を見に行った。東京・六本木の国立新美術館で2月3日から始まった、「日本を代表するクリエイティブディレクター、佐藤可士和の過去最大規模となる個展」との触れ込みの展覧会だ。さほど宣伝もしていないのに話題になるものには必ず理由があって、なるほど本展も見て損のない、いや、建築関係者は必ず見るべき展覧会だと思った。

(写真:宮沢洋、以下も)
(さらに…)

安藤忠雄イヤーのイタリア『ドムス』誌でコラボしている日本人クリエイターは誰?

 安藤忠雄イヤーのイタリア『ドムス』誌でコラボしている日本人クリエイターは誰?…と、ものすごく大げさな見出しをつけてみたが、答えは私、宮沢である。大げさではあるがウソではない。100年近い歴史を持ち、世界で最も影響力のある建築専門誌の1つ、『domus(ドムス)』。その表紙まわりに参加しているのである。

(写真:安藤忠雄建築研究所)
(さらに…)

分離派に注目05:小説家・津久井五月さん──都市の未来像を提示した博覧会パビリオンにSF的想像力が表れる

【取材協力:朝日新聞社】

京都国立近代美術館で2021年3月7日まで開催中の「分離派建築会100年展 建築は芸術か?」に合わせて、BUNGA NETでは3人の方にインタビューを行った。今回は小説家・津久井五月さんの後編をお届けする(前編は「分離派建築会はアート・コレクティブ的、だからエモい!」)。

津久井五月(つくい・いつき):1992年生まれ。栃木県出身。2015年東京大学工学部建築学科卒業。2018年同大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。2017年に中編小説『コルヌトピア』で第5回ハヤカワSFコンテスト大賞を受賞し、作家デビュー(特記以外の写真:宮沢洋)
(さらに…)

建築の愛し方10:「J-WAVE」の建築面白解説者は“元DJ”の山下PMC社長、放送は残る2回!──川原秀仁氏

FMラジオ「J-WAVE」の日曜午前の番組「ACROSS THE SKY」(パーソナリティーは女優のヒョンリさん)の中で、山下PMCの川原秀仁社長が毎週出演しているのをご存じだろうか。出番は午前11時5分頃から約10分間コーナー名は「LANDSCAPE WONDER」。世界の名建築や現在の建築トレンドについて、クイズ形式で笑いをまじえがら解説する番組だ。今週末を含めて、放送はあと2回。川原さん、こんな面白い番組が終わるなんてもったいない!(聞き手:宮沢洋)

収録中の川原秀仁氏(写真:山下PMC)
(さらに…)

越境連載「池袋建築巡礼@JBpress」03:ラブホ街に不思議ホテル「hotel Siro」

 Office Bungaの事務所のある東京・池袋駅周辺の良質な建築や挑戦的な建築を紹介していく。

 このホテル、我がOffice Bungaの事務所から徒歩2分ほどのところにあり、建設中からずっと気になっていた。設計者は2020年の日本建築学会賞作品賞を受賞した原田真宏、原田麻魚両氏。2人が共同主宰するMOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIOによる「hotel Siro」の内覧会が、2020年6月20日に行われた。

(写真:宮沢洋)

続きはこちら

越境連載「建築シネドラ探訪」05:韓国恋愛映画「建築学概論」、映画史に残る傑作住宅にうっとり

前回のコラム(小説「ノースライト」ドラマ化、住宅設計者の心の底を描く異色のミステリー【建築シネドラ探訪④】)で、「物語のカギとなる住宅のデザインがいまひとつ」と書いた。突っ込みどころがなくて難癖つけているのでは……と思われた方がいるかもしれない。苦労してつくり上げた制作陣にも申し訳ないと思ったが、「住宅を設計する」というストーリーだと、筆者はどうしてもこの映画と比べてしまうのである。韓国映画「建築学概論」だ。

(イラスト:宮沢洋)

続きはこちら

恐るべき数学的構図!イタリアで発見された吉村順三少年時代の作品を解説

 建築家・吉村順三が少年時代に描いた絵がイタリアで見つかり、吉村ファン(私を含め)をざわつかせている。以下は、東京新聞2021年1月26日付けの記事からの引用だ。

 東京の子どもたちが約100年前に描いた絵や書道の作品166点を収めた2冊のアルバムがイタリアで見つかった。「日本のゴーギャン」と称された日本画家田中一村(いっそん)氏(1908~77年)や皇居・宮殿の基本設計をした建築家吉村順三氏(1908~97年)が、10代前半で手掛けた作品も収録されている。

 吉村順三の作品はこれである。モチーフは鈴虫だ。

(出典:ローマ東京間飛行の記念帖、所有:イタリア空軍)
(さらに…)

室内に「スカイハウス」再現!菊竹後期の傑作「島根県立美術館」で菊竹清訓展開幕

 自粛期間でなかったら、開幕初日に駆け付けたのに…。島根県立美術館で1月22日から「菊竹清訓 山陰と建築」が始まった。報道というものは本来、自分の目で見て咀嚼(そしゃく)して書くのが基本だが、こういう状況なので、お借りした写真で会場の雰囲気をお伝えしたい。

こ、この正方形の空間は…(会場写真:山本大輔)
(さらに…)

分離派に注目04:小説家・津久井五月さん──分離派建築会はアート・コレクティブ的、だからエモい!

【取材協力:朝日新聞社】

京都国立近代美術館で2021年3月7日まで開催中の「分離派建築会100年 建築は芸術か?」展に合わせて、本展をどう見るか、分離派建築会をどう捉えるか、などを3人の方に話してもらった。2人目に登場いただく津久井五月さんは、大学院まで建築を学んだ後、自身の表現の世界をSF小説に求めた人だ。

津久井五月(つくい・いつき):1992年生まれ。栃木県出身。2015年東京大学工学部建築学科卒業。2018年同大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。2017年に中編小説『コルヌトピア』で第5回ハヤカワSFコンテスト大賞を受賞し、作家デビュー(人物・展示写真:宮沢洋)
(さらに…)

ギャラリー・間が約1年ぶりに再開、中川エリカ展に見る「おおらかな細かさ」

 コロナ自粛期間中ではあるが、ちょっとほっとするニュースだ。昨年の3月3日から休館していた東京・乃木坂の建築ギャラリー「TOTOギャラリー・間(ま)」(通称ギャラ間)が、明日1月21日から再開する。展覧会名は、「中川エリカ展 JOY in Architecture」。東京在住だといつでも見られる感じだったギャラ間が長く閉じていると、もやもやとした不安を感じてしまう。ギャラ間は建築関係者にとって「光」である。と、再開の報を聞いて思った。

「丘端の家」の模型の一部(写真:宮沢洋、以下も)
(さらに…)

分離派に注目03:建築家・大西麻貴さん──分離派の建築が「生命的」であることを今考える

【取材協力:朝日新聞社】

「分離派建築会100年」展が京都国立近代美術館で2021年3月7日まで開催中だ。BUNGA NETではこれに合わせて3人の方にインタビューを行った。今回は建築家・大西麻貴さんの後編をお届けする(前編は「堀口捨己の「紫烟荘」は学生時代からずっと好き!」)。

大西麻貴(おおにし・まき):1983年愛知県生まれ。2006年京都大学工学部建築学科卒業。2008年東京大学大学院修士課程修了後、大西麻貴+百田有希 / o+hを共同主宰。2011年東京大学大学院博士課程単位取得退学。2017年〜横浜国立大学大学院Y-GSA客員准教授(人物写真:加藤千佳)
 
(さらに…)

大江匡流リノベの傑作、30周年「山口蓬春記念館」に見る“攻め“の姿勢──大江匡氏を偲ぶ01

 プランテックアソシエイツ代表取締役会長兼社長(当時)で建築家の大江匡(ただす)氏が急逝してもうすぐ1年がたつ。亡くなったのは2020年1月31日。享年65歳。訃報を聞いたときには、あまりに突然のことに本当にびっくりした。亡くなってから1年の間に、大江氏が設計した建築(特に初期のもの)を訪ねて回った。1周忌を前にそのいくつかをリポートしたい。最初に取り上げるのは、私(宮沢)が大江建築の中で最も好きな「山口蓬春記念館」(1991年、神奈川県葉山町)だ。

(写真:宮沢洋、以下も)
(さらに…)

分離派に注目02:建築家・大西麻貴さん──堀口捨己の「紫烟荘」は学生時代からずっと好き!

【取材協力:朝日新聞社】

京都国立近代美術館で2021年3月7日まで開催中の「分離派建築会100年 建築は芸術か?」展に合わせて、本展をどう見るか、分離派建築会をどう捉えるか、などを3人の方に話してもらった。トップバッターは建築家の大西麻貴さんだ。


大西麻貴(おおにし・まき):1983年愛知県生まれ。2006年京都大学工学部建築学科卒業。2008年東京大学大学院修士課程修了後、大西麻貴+百田有希 / o+hを共同主宰。2011年東京大学大学院博士課程単位取得退学。2017年〜横浜国立大学大学院Y-GSA客員准教授(人物写真:加藤千佳)
(さらに…)

分離派に注目01:京都国立近代美術館で「分離派建築会100年展」開幕、驚愕の図面のうまさが発信力の源?

【取材協力:朝日新聞社】

 京都国立近代美術館で「分離派建築会100年展 建築は芸術か?」が1月6日に開幕する(主催:京都国立近代美術館、朝日新聞社)。前日の5日午後に行われた報道内覧会の様子をリポートする。会期は3月7日までの2カ月間。コロナ第3波の拡大で先が読みにくい状況だが、今のところ事前予約の必要はなく、当日行けば入れる。

会場となる京都国立近代美術館。京都市左京区岡崎円勝寺町。市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車目の前(写真:宮沢洋、以下も)
(さらに…)

日曜コラム洋々亭26:「リノベ圧勝、新築頑張れ」“推しケン2020”ベスト5はこれだ!

明けましておめでとうございます。日曜日には少し早いですが、元旦・祝日ということで、2021年の“書き初め”はこのコラムにしました。お題は、2020年に宮沢が見た建築のお薦めベスト5です。

 2020年は独立1年目ということで、時代遅れの人にならないよう、かなり意識的に新作を見に行った(緊急事態宣言期間を除く)。本コラムではその中から、宮沢が「建築関係者・建築好きならばこれは必ず見るべき」とイチオシする建築(推しケン)のベスト5を挙げたい。ベスト5の中では順番がつけづらいので、見た順に紹介する。

(写真:宮沢洋、特記を除き以下も)
(さらに…)

年明け4日間限定の上野「本格模型」巡り、“3展一気見”は1月8日まで

 東京・上野にある3つの国立ミュージアムで、「日本のたてもの」と題した連携展覧会が行われている。3つの施設「国立科学博物館 」「東京国立博物館・表慶館」「国立近現代建築資料館」は会期が微妙にずれており、最注目で最後の登場となった「東京国立博物館・表慶館」の「古代から近世、日本建築の成り立ち」が12月24日に開幕した。3施設は徒歩20分圏内。 1月8日までは3つの展覧会が1日で回れる。ただし、始まるや否や3施設とも年末休館に入ってしまったので、“3展一気見”ができるのは、1月5日(火)〜8日(金)の4日間のみだ。

東京国立博物館表慶館のエントランスで出迎えるのは法隆寺五重塔の10分の1模型(中央)。1932年、「昭和の大修理」に先立って制作されたこの模型は、実際の修理の中心になった大工棟梁の西岡常一が制作に関わった。模型自体が文化財級の精緻さだ(写真:宮沢洋、以下も)
(さらに…)

旧横浜市庁舎で最終見学会、見納めの村野ディテールをリポート

新横浜市庁舎(設計:竹中工務店、デザイン監修:槇文彦)の完成により村野藤吾(1891~1984年)設計の旧横浜市庁舎は、惜しまれながらも今年6月、その歴史に幕を下ろした。一部を残して解体することが決まっている旧市庁舎の見学会が12月18日、19日に行われた。東京工業大学修士課程に在籍する加藤千佳さんが見学会に参加し、今後予定されている保存活用を含めてリポートする。(ここまでBUNGA NET)

市会棟側からエントランスホール「市民広間」を眺める。旧市庁舎の顔とも言えるこの空間はどうなってしまうのか…(写真:加藤千佳、以下も)
(さらに…)

日曜コラム洋々亭25:現代建築に「保存」という言葉はふさわしいか──葛西臨海水族園問題に思う

 既報のとおり、現・葛西臨海水族園の「活用」を要望した陳情が東京都議会で「採択」され、それを受けて日本建築家協会(JIA)が「新設水族園の入り口としての活用」を求める提案を公表した。(詳細はこちらの記事を→葛西臨海水族園「陳情採択」受けJIAが現実路線へ、水槽にこだわらず「ゲート」に

(写真:宮沢洋、以下も)
(さらに…)

越境連載「建築シネドラ探訪」04:「ノースライト」ドラマ化、住宅設計者の心の底を描く異色の推理小説

 2019年に単行本が出版され、ミステリー好きの間で大きな話題を呼んだ横山秀夫氏の小説「ノースライト」がドラマ化された。NHK総合で12月12日(土)午後9時から前編が放送され、12月19日(土)午後9時から後編が放送される。この連載がスタートしたことを祝うかのようなタイミング。「建築士」が主役、「住宅」と「設計事務所」が舞台の濃厚建築ストーリーだ。

原作者の横山秀夫氏(イラスト:宮沢洋)
(さらに…)

葛西臨海水族園「陳情採択」受けJIAが現実路線へ、水槽にこだわらず「ゲート」に

 葛西臨海水族園の保存活用問題がこんなに“前進”していたことを、この会見に出るまで知らなった。日本建築家協会(JIA)が12月17日に東京都庁記者クラブで開いた会見だ。

東京都庁記者クラブの会見場にて。前職ではしばしば足を運んだ会見場だが、 BUNGA NETの取材で足を踏み入れたのは初めて。手前が今回のメインテーマであるJIAの提案資料(写真:宮沢洋、以下も)
(さらに…)