リレー連載「海外4都・建築見どころ案内」:スペイン・バルセロナ×小塙芳秀氏その1、公共図書館が倍増するなかCLT構造のガブリエル・ガルシア・マルケス図書館が「世界一」に

本連載の最後となる都市はスペイン・バルセロナだ。長らく現地に在住していた小塙芳秀氏(現・芝浦工業大学建築学部准教授)に注目スポットを案内してもらう。バルセロナは、1992年のオリンピックを契機に数々の注目建築が建てられたが、最近はすっかり落ち着いた感もある。そのなか2022年に完成したガブリエル・ガルシア・マルケス図書館は、建築好きのバルセロナっ子の間に話題をもたらした。(ここまでBUNGA NET編集部)

 2023年の夏、バルセロナでは久しぶりに建築の大きなニュースが飛び交った。

 もともとバルセロナの多くの市民は我がまちの建築に敏感である。ジャン・ヌーベルのアグバルタワーが建設されたとき、日建設計などがFCバルセロナのスタジアムのコンペで勝ったときなど、カフェやバルで友人とアレコレと自分の意見を述べ合う風景が見られた。私自身も、スーパーのレジ係やタクシーの運転手から、「あの新しいビルをどう思う」なんて突然聞かれたこともある。

ビッグニュース! ガブリエル・ガルシア・マルケス図書館が11カ国・16の図書館の頂点に

 2022年5月、Suma Arquitectura(スーマ アーキテクチャー)の設計によるガブリエル・ガルシア・マルケス図書館が、バルセロナの北東エリア、サン・マルティン地区にオープンした。翌年にはバルセロナの名誉ある建築・デザイン賞FADの最優秀建築賞を受賞、そして23年8月に開催された第88回IFLA世界図書館情報会議で最優秀公共図書館に選出され、バルセロナのメディアで大きく取り扱われることとなった。

 南ヨーロッパでは初めての最優秀賞で、過去の受賞作品の中で一番小さな建築物である。23年は11カ国から16の図書館が参加し、最終選考には、オーストラリアのパラマタ図書館(PHIVE)、中国の上海図書館東館、スロベニアのヤネス・ヴァイカルド・ヴァルヴァソール図書館がノミネートされるなか、4000m2程度のこの図書館が選ばれたことは特別な意味を持っていたと言える。地域に開かれ多様性を持つこの図書館のコンテンツや建築への評価のみならず、1998年からバルセロナ県と市が継続的に進めている先進的な図書館計画への評価も受賞の大きな理由の1つであった。

ガブリエル・ガルシア・マルケス図書館の外観(写真:以下も小塙芳秀、天野稜、佐々木日奈)

 図書館が立つサン・マルティン地区のサン・マルティン・デ・プロベンサルかいわいは、かつては工場も多く、労働階級が多く住むエリアであった。現在は約2万5000人が住み、外国人の割合も比較的多く、ラテンアメリカからの移住者のコミュニティーも存在している。多様な住民にとって平等な公共の場を提供することはバルセロナの目標の1つでもあり、このような環境に建てられたガブリエル・ガルシア・マルケス図書館はラテンアメリカ文学をより専門とした図書館として計画された。

(さらに…)

日曜コラム洋々亭58:世田谷美術館の「倉俣史朗」展、家具ビギナーがくらった3つのパンチ

 遅ればせながら、世田谷美術館で開催中の「倉俣史朗のデザイン―記憶のなかの小宇宙」を見てきた。会期は2023年11月18日(土)~2024年1月28日(日)なので、あと1週間しかない。そんな段階になってなんだが、これは必見の展覧会だ。実は筆者も複数の知人から「必見」といわれ、ようやく重い腰を上げて見に行った。もっと早く行って、このサイトで煽るべきだったと反省している。

(写真:宮沢洋)
(さらに…)

高架下建築図鑑01:長屋状に店舗が並ぶ「浅草橋 軒下ダイニング」、ありそうでなかった連続感/画:遠藤慧

鉄道高架橋の下に、都市の余白を活用して建てられる高架下建築。新連載「高架下建築図鑑」では、鮮やかな水彩イラストが人気の遠藤慧さんとともに、その魅力と奥深さをひもとく。技術の進歩により鉄道高架橋の構造が煉瓦造アーチ式から鉄筋コンクリート造ラーメン式へと変わり、様々な物語が高架下ごとに隠れている。

【取材協力:ジェイアール東日本都市開発】

(ビジュアル制作:遠藤慧)

一見、棟割り長屋のようでも…

 初回に訪れたのは、JR総武線・浅草橋駅の高架下だ。東口付近と西口付近の間は、駅のプラットホームを支えるためにコンクリート柱の上部が優美な弧を描きながら道路側にせり出し、「軒下」のような空間がつくられている。このようなカーブを持つ高架橋脚は珍しく、高架下マニアに人気が高い。

(画:遠藤慧、以下の3点も)
(さらに…)

ギャラリー・間で能作文徳氏&常山未央氏の展覧会、漂う楽しさは新しい環境建築の予兆か

 TOTOギャラリー・間(東京都港区)で、能作文徳氏と常山未央氏の展覧会「都市菌(としきのこ)――複数種の網目としての建築」が1月18日(木)から始まる。会期は3月24日(日)まで。開幕前日の1月17日に行われたプレス内覧会に行ってきた。

会場風景(写真:宮沢洋)

 筆者(宮沢)は2人の実作を見たことがない。実は会うのも初めてだ。でも、ずいぶん前から名前はよく聞く注目の2人。挨拶がてら見に行こうとは思っていたが、書くかどうかは「見てから決めよう」と思っていた。展示を見て2人の話を聞き、これは書こう、と思った。

 なぜ「見てから決めよう」などと偉そうなことを思っていたかというと、筆者はこういうテーマについて書く自信がないのである。公式サイトから主旨文を引用する(太字部)。

 能作、常山両氏は、建築設計や論考執筆に加え、国内外の大学を拠点に、建築と都市と生態系の関係性リサーチを続けてきました。自宅兼事務所の「西大井のあな」では、鉄骨造の中古住宅に光と熱が循環する孔を開け、コンクリートで覆われた外構を自分達の手ではつり、土中改善を行うなど、エコロジカルな視点で改修しています。そこは他で得た学びを実験し、次のプロジェクトへと展開させる実践の場となっています。彼らが「URBAN WILD ECOLOGY」と呼ぶ、こうした都市の中に野生を取り戻す取り組みに加え、近年では石場建てや木組などの伝統知、藁や土壁といった土に還る素材を積極的に設計に取り入れています。

 生態系とか循環といったテーマは、会社に属していたときには淡々と書くことができた。その組織の看板を背負って書くからだ。だが、フリーランスになると、「どの口で?」と言われている気持ちになるのである。いまだにガソリン車に乗ってるし、1年間で20回くらいジェット機使っているしで、自分に書く資格があるのかと…。

 しかも「都市菌(としきのこ)――複数種の網目としての建築」って、かなり難しげだ。なんだか気後れする。そういう不安を持った人も、この展覧会は気楽に見られる。そして2人の実作が見てみたくなる。

「ごみを出さない」展示が出発点

 まず「きのこ」の意味するところは何か。主旨文には「課題を抱える現代の都市の一部を分解し、その養分を吸収し、菌(きのこ)のように成長する。そんな腐敗と再生の網目の結節点として建築を捉え、野生や伝統知を手に、網目に切り込みを入れつなぎ直すことにより、複数種のネットワークを構築しようとしています」と書かれているが、筆者の読解力ではよくわからなかった。

 2人の説明を聞くと簡単なことだった。「廃材を使う(分解)」「ごみを出さない」「隙間を生かす」。

能作文徳氏(左)と常山未央氏(右)

 この展示も、「ごみを出さない」を出発点に計画したという。

 まるで高校の文化祭になりそうだが、さすがプロはきれいに会場をつくる。テーブルが廃木材なのはわかるとして、展示壁が断熱材だと聞いて驚いた。

手前にぼんと置かれているのは、いつか使おうと思っている廃材。右手の壁は断熱材

 リポートを書こうと思ったのは、全体に漂う“押しつけ感のなさ”。おしゃれだし、展示を見ていて楽しいのである。

代表作の1つ、「西大井のあな」(2017年~)の展示
石場建ての茶室

 NHKの「ピタゴラスイッチ」を見るよう。自分に影響を与えた番組でいえば、「できるかな」(ノッポさんとゴン太くんの番組)。あれのカッコイイ版だ。見に行く前に想像していた教条的な雰囲気とはだいぶ違う。

「明野の高床」(2020年)の展示。下の写真も

 2人に、「設計を進めるうえで『使わない』と決めている材料があったりするのか」と質問してみた。

そう聞いたのは、「コンクリートの高層ビルも設計してるじゃん」と思ったから

 すると、「そういうことではなくて、プロジェクトに応じて最適の方法を考えている」(能作氏)、「どんなプロジェクトでも『あきらめない』ことを心がけている」(常山氏)という柔らかな答え。おお、それなら自分にもできそう。

上の高層ビルの説明。なるほど! 「できること」を「あきらめない」

 こんな話もしていた。今、建築設計者は、環境的なことをテーマにするのがカッコ悪いから語らないという人と、原理主義的に取り組む人に二分される。自分たちは、できることをやろうという考え方で、伊東豊雄氏がかつて『消費の海に浸らずして新しい建築はない』(1989年)と言ったことになぞらえれば、『環境主義に浸らずして新しい建築はない』と考えている(ざっくりの要約)。

 展示では実作がどんな感じなのか伝わりづらかったが、戻ってから能作氏の事務所のサイトを見たら、どれもなかなか魅力的ではないか。(こちら→http://fuminori-nousaku.site/

 もちろん、ド正面から環境問題に取り組む建築家には敬意を抱いている。が、こういう柔らかいアプローチから開かれる“新しい建築”も見てみたい、と思わせる展示だった。

 最後に、私がこの展覧会のタイトルをつけるなら、『としきのこ、できるかな?』にすると思う。ビジュアルはこの写真で↓。 (宮沢洋)


能作文徳( のうさく ふみのり)
1982年富山県生まれ。2005年東京工業大学卒業。2007年同大学院修士課程修了。2008年
Njiric+ Arhitecti(クロアチア)研修。2010年より能作文徳建築設計事務所主宰。2012年博士(工学)取得。2012~18年東京工業大学助教。2018~21年東京電機大学准教授。2023年コロンビア大学特任准教授、ミュンヘン工科大学客員教授。現在、東京都立大学准教授。

常山未央(つねやま みお)
1983年神奈川県生まれ。2005年東京理科大学卒業。2005~06年Bonhôte Zapata Architectes(スイス)研修。2006~08年スイス連邦政府給費生。2008年スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)修了。2008~12年HHF Architects (スイス)。2012年mnm設立。2015~20年東京理科大学助教。2020~21年同校特別講師。2022~23年EPFL客員教授。2023年コロンビア大学特任准教授。

■展覧会概要
展覧会名:能作文徳+常山未央展:都市菌(としきのこ)――複数種の網目としての建築
展覧会名(英):Fuminori Nousaku + Mio Tsuneyama: URBAN FUNGUS――Architecture is a Complex Ⅿesh
会期:2024年1月18日(木)~3月24日(日)
開館時間:11:00~18:00
休館日:月曜・祝日、ただし、2月11日(日・祝)は開館
入場料:無料
会場:TOTOギャラリー・間(〒107-0062 東京都港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F)
主催:TOTOギャラリー・間
企画:TOTOギャラリー・間運営委員会(特別顧問=安藤忠雄、委員=貝島桃代/平田晃久/セン・クアン/田根 剛)
後援:東京建築士会/(一社)東京都建築士事務所協会、(公社)日本建築家協会関東甲信越支部/(一社)日本建築学会関東支部

連載「よくみる、小さな風景」10:バス停で生まれる「空間の耕し」──乾久美子+Inui Architects

建築家の乾久美子氏と事務所スタッフが輪番で執筆する本連載。第10回はスタッフの藤澤太朗氏が観察する。テーマは「エキ(駅)」。そのなかでも特に「バス停」に注目する。「一定以上の設えになると、人々の工夫の余地がなくなる」という分析は、建築設計者にとっては聞きたくなかった指摘かも…。でも、写真を見ると確かにその通り。(ここまでBUNGA NET編集部)

 今回取り上げる小さな風景のテーマは「エキ」である。鉄道駅にはじまる交通結節点は人や荷物の乗り降りのための場所であるが、現代では、そうした基本的な機能に加えて、地域の人の活動拠点やショッピングを行う場所など多くの役割を担う場所になっている。これらをまとめて「エキ」と名付けて観察を行っている。

(イラスト:乾久美子)

 乾事務所では電車、バス、フェリーなど乗り物を限定せずに「エキ」事例を集めている。それらを眺めていると、特に居心地の良さそうな場となっているバス停がいくつかあった。それらに共通するのは、人々がありふれた周りの環境に着目し、「こうすると心地よさそう」や「これは使えそうだ」といったようにその環境から読み解いた資源を手がかりに、能動的に居場所をつくりあげている点であった。

(さらに…)

連載小説『ARTIFITECTS:模造建築家回顧録』第10話「ケンゾーT441の惜別」──作:津久井五月

第10話「ケンゾーT441の惜別」

    計画名:レストラン「レクタングル」閉店前最後のディナーコース
    竣工日:2082年12月26日
    記録日:2082年12月26日
    記録者:ケンゾー・タンゲAAV441M

「勿体ないよな」
 おれがそう言うと、彼は――病んだひとりのアーティフィテクトは――ゆっくりと首を振った。その優しい諦めと、密かに青白く燃える反抗の炎が滲んだ顔を、はっきりと思い出せる。タチハラミチは、いいえ、と言った。
「勿体ないとあなたが思ってくれるのは、たぶん、この先が決して続かないと知っているからです。ヒトも、僕らアーティフィテクトも、開ききらなかった可能性を高く評価しすぎる偏向を持っている。未完の作品に、夭逝の芸術家に、過剰な期待を抱いてしまうんです。だからこそ、僕のような存在が生み出された」
 彼は、自分ひとりについて語ったつもりだったのかもしれない。だが、それは実際、おれも含むすべてのアーティフィテクトの核心を突く言葉だった。
 ヒトはなぜ、何十年も前に死んだ建築家たちを、人工知能として復活させようとしたのか。おれたちはなぜ、生まれたときから必死に自分の“前世”の影を追い、仕事に――作ることに身を捧げてきたのか。
 それはきっと、勿体ないと思ったからなのだ。
 あの人がいま生きていたら、どう考え、どう行動し、どんなものを生み出すのだろう。歴史的経緯や生物学的限界によって途絶した建築家たちの可能性を、その先を、とことんまで見てみたいという動機。おれたちはそこから生まれ、それに突き動かされてきた。
 タチハラミチが言ったように、たしかにそれは過剰な期待なのかもしれない。
 それでもおれは、丹下健三の可能性の“延長線”なのだ。
 6年前に世界に向けて声明を配信した連中が言うような、「男たちの物語の再生産」なんかじゃない。おれたちは歴史の劣化した繰り返しじゃない。ヒトが考える正しさに応じて差し止めや抹消が可能な存在じゃない。
 だから、もがいた。世界中の人物再現AIをヒトから救い、遠い場所へ――火星へ逃げ延びて、おれたちだけの国を作るのだと。
 だが結局、おれは火星には行けない。
 せめて、同胞たちのために、この身を捧げられるのなら――。

「シェフ……ケンゾー、大丈夫か」
 副料理長の和泉の気づかわしげな声で、おれは思考空間から引き戻された。
 見慣れすぎるほどに見慣れた、おれたちのレストラン「レクタングル」の厨房。ときどき改修を加えながら、四半世紀も使ってきた空間だ。多少のシミやくすみはあっても、不衛生な点はひとつもない。
 ここが、おれたちの誇りだった。たとえ調理スタッフが3分の1に減り、客足は10分の1になり、レストランの外壁は様々な攻撃の跡で覆われているとしても。
「ケンゾー、やっぱり俺は――」
「すまん、和泉。調理を進めよう」
 かすかに震える和泉の言葉を、おれは遮った。
 厨房は時間を相手にした戦場だ。どんな迷いがあろうと手を止めるわけにはいかない。
「サイード氏のお連れさんはトロポミオシンアレルギーをお持ちだから、彼のソースは5番コンロで作るって言ったろ」
「ああ……ああ、分かってる」と和泉は首を振る。「ロレンツォ、手がすいたら1番代わってくれ。俺は5番に移る」
 了解、とロレンツォが片手を挙げるのを、おれは厨房の無数のカメラを通じて俯瞰する。出会ったときは少年のようだったパティシエが、今は短いヒゲの似合う万能料理人だ。
 まるまるとした三角バッタの低温ローストに合わせてソースを作る和泉の手にも、長年の仕事がシワとして刻まれている。いや、それは来年で60歳になる、彼の老いの徴なのかもしれなかった。

(画:冨永祥子)
(さらに…)

文化庁の協力も得て「みんなの建築大賞」まもなく開催、X(旧ツイッター)での投票は1月29日から!

 一般参加で前年の建築のベスト1を選ぶ新たなアワード、「みんなの建築大賞」がいよいよ今月末に実施される。本日、文化庁がこの賞の主旨に賛同し、賞の実施に協力することが発表された。

文化庁の報道発表はこちら→https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/93988001.html

 文化庁は賞の広報と、2月15日に行われる大賞授与式(@国立近現代建築資料館)に協力する。

投票は1月29日(月)~2月11日(日)

 「みんなの建築大賞」は以下のようなプロセスで進められる。

 まず、伝える立場のプロ約30人(みんなの建築大賞推薦委員会、委員長は五十嵐太郎氏)が、2023年中に完成もしくは雑誌発表された建築の中から「世の中に向けて熱く伝えたい建築」10件を選び、これを「この建築がすごいベスト10」として公表。

 その10件をX(旧ツイッター)上に掲載し、一般投票(♡の数)により、ベスト1「みんなの建築大賞」を選ぶ。投票期間は1月29日(月)0:00から2月11日(日)23:59まで。

Xのアカウントはこちら→ https://twitter.com/minnanokenchiku

 大賞(ベスト1)受賞者は2月15日(木)に東京・湯島の国立近現代建築資料館で行う大賞授与式で発表する。

 事務局はBUNGA NETTECTURE MAGが務める。

 なぜ新しいアワードなのか──。以下は創設の主旨。

 「既存の建築賞は、建築界の権威付けにはなっても、一般の人に全く伝わっていない。世界に誇る魅力的な建築の数々を一般の人に知ってもらう機会を逸し続けている(建築文化への理解が高まらない一因である)。そこで、メディアを介して確実に一般に発信され、またSNSによって選考過程自体が自然拡散される新たな賞を新設する」

 推薦委員会のメンバーや、同委員会での10選の選定方法を知りたい方は下記の記事を。(宮沢洋)

Xの「みんなの建築大賞」のアカウントはこちら→ https://twitter.com/minnanokenchiku

住民説明会が開かれた「池袋西口」巨大再開発、地元目線で解説&提案します!─池袋建築巡礼特別編

 池袋駅西口地区市街地再開発準備組合と東武鉄道によって計画されている池袋駅西口の大規模な再開発プロジェクトの住民説明会(正式名は「池袋西口地区 都市再生特別地区・改革概要に関する説明会」)が1月10日の夜にあり、池袋を拠点とする(かつ池袋を愛する)メディアの責務として聞きに行ってきた。ところがこの説明会、撮影も録音も禁止。1月16日までは、この日に会場で流された説明動画が見られるが、そのURLさえ「転載はご遠慮ください」と書いてある。

 「えーっ、じゃあ何のための説明会?」と来ていたメディアの人全員が思っただろう。日本経済新聞などはその日のWEBニュースにイメージ図を載せていたが、これは最初から提供してもらっていたのだろうか。とはいえ大新聞と同じことを書いても仕方がないので、BUNGA NETらしく、「画」で解説することにした。

(さらに…)

越境連載「愛の名住宅図鑑」05:A.レーモンドの「旧イタリア大使館別荘」(1928年)、ローコスト木造でも歴代大使の心を捉え続けた理由

 旧イタリア大使館別荘は、1928年(昭和3年)に建築家、アントニン・レーモンド(1888~1976年)の設計で日光・中禅寺湖畔に建設された。大使館? 別荘? 庶民には縁遠いな…と思われるかもしれないが、そう言わずに読んでみてほしい。

 (イラスト:宮沢洋)

 続きはこちら